TOEFL対策まとめ

TOEFL対策まとめ

英語資格ハンターまとめ:TOEFL対策の王道

TOEFL108点を獲得する王道。近道ではないけど確実に到達する方法をまとめておきます。
実際に効果のあったものだけをまとめておきます。

スピーキング

TOEFL特価のスピーキング対策

TOEFL対策といえば、オンライン英会話 mytutor。この特訓コースの右に出るものはないでしょう。もちろん、高い費用を払えば効果の高いものもあります。 mytutorなら特訓コースとして、50回レッスン29,800円、100回レッスンで49,800円で提供されています。かなりコスパ良くトレーニングできます。 ライティング特訓コースもあります。

mytutorのTOEFLコース詳細→→

瞬時に応答できるトレーニングを受ける

英会話のダイレクトメソッドとして人気の高い、カランメソッドも受講しました。たくさんスクールがありますが、ロンドンのカランスクール公認のQQ Englishを選びました。 ハードコアというカランレッスンもあり、講師もかなり速いスピードで話しますし、こちらも1秒も気を抜けません。講師が言った事を瞬時に理解し、記憶し、 答えるべき内容で解答しなければなりません。瞬発力を鍛えてもらいました。

4倍速のカランメソッドQQイングリッシュ→→

Topへ >>

リスニング

英語の語順を体で覚える

英語には英語の語順があります。日本語のそれとはかなり違います。脳で英語をそのまま処理できるようにスーパーエルマーを使いました。 最初は少しずつ区切りながら、英語のまま理解できるように進めます。倍速の音源もあり、リスニング能力が飛躍的に向上しました。

「スーパーエルマー」とは?→→

リテンション能力を高める

リスニングで正解を導くには聴きながら理解し、短期記憶にとどめておく必要があります。このための短期記憶の保持のトレーニングとして、スラリーeの音読パッケージを 徹底的にやりました。レッスンでは講師と一緒に進めますが、レッスン外では音読をしっかり行い、何度もくり返し音読する事で最終的にはある程度の長さの文章を暗唱するようにしました。 このときに気をつけたのは文章の内容を脳に思い浮かべる事。しっかりとシーンをイメージしながらくり返しました。

スラリーe 音読コース→→

Topへ >>

ライティング&リーディング

ライティングはネイティブ添削

ライティングはmytutorの特訓コースも受けましたが、さらに専門的な文章構成ができるようにフルーツフルイングリッシュでのネイティブ講師による 英文添削を受けました。ふだんは1週間に1回500円の日記添削でTOEFLに出そうな内容を提出しましたが、時々安いキャンペーンがあるのでそのときに チケットを買いだめしておいて、チケット英文添削でしっかりと見てもらいました。返却されたものを音読し、同じミスをしない、またより良い表現を 使えるようにこころがけていたら、少しずつライティングレベルが上がってきました。

英作文のフルーツフルイングリッシュ→→

プロの講師に学ぶリーディング

リーディングはそれほど苦手ではなかったのですが、時々内容が頭に入ってこない文章もあったので、リーディングスキル自体を上げるために リアル英会話で時事英会話コースを受講しました。週に1回ですが、50分の内容の濃いレッスンだったので、英語に特徴的な文章を深いところまで理解しながら 学習する事が出来ました。

リアル英会話公式→→

Topへ >>